登山&立ち寄り温泉情報局 > 登山用品 > ザック選び講習会に行ってきました2(パッキング、手入れ)

登山用品

ザック選び講習会に行ってきました2(パッキング、手入れ)@登山&立ち寄り温泉情報局

パッキングについては知っている人も多いと思いますが、
念のため箇条書きで記します。

・使用頻度が低くて軽いものから入れていく。
 (雨が降りそうな場合は雨具は上の方に入れる)
・肩付近に重いものがくるように入れる。
・肩から上には重いものは入れない(雨蓋に入れすぎないように!)
・細かいものは小物袋に入れてまとめるとよい。

パッキングしおわったらザックの背中をひざで押して背中部分を
平らにしておくといいとのこと。

背中にフレームが入っているザックなら多少パッキングが甘くても
背中がまっすぐになりますが、フレームが入っていないザックは
パッキングの時に背中がまっすぐになるよう、しっかり詰める必要があります。


使い終わった後のザックの手入れですが、基本的にはタオルで絞って
拭くぐらいで、まるっと洗ったりはしないようです。
洗ってしまうと、ザック生地のウレタンコーティングがはげたり、
縫い目が弱くなるというデメリットがあります。

また、ザックのウレタンは経年劣化があるので、あまり使っていない
ザックを久しぶりに使うときは注意が必要です。

保存方法や使用頻度にもよるので具体的に何年、とは
言いづらいようでしたが、ウレタンさえ劣化しなければ
10年くらいは持つそうです。

押入れ・物置などの乾燥した場所に入れておくといいとのことでした。


ザック選び講習会に行ってきました1(ザックの選び方編)
ザック選び講習会に行ってきました2(パッキング、手入れ編)


<<ザック選び講習会に行ってきました1(ザックの選び方) | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | 大岳山へ行ってきました1>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。