登山&立ち寄り温泉情報局 > 登山の服装 > 登山の服装(ズボン、山スカート)

登山の服装

登山の服装(ズボン、山スカート)@登山&立ち寄り温泉情報局

足があげやすいか、水に濡れても乾きが早いかが重要なポイントになります。

ズボン


素材はナイロンやポリエステルなど。
速乾性・伸縮性があるものがよいです。

ジャージなどでもOK。
ただし、夏の低山では暑いです。

薄手の1枚生地のものは夏の低山向き、
表と裏で生地が違うものは1年を通して使えます。


山スカート


通称、山スカ。

ゴムが入っている普通のスカート型、ホックとベルトでとめるラップ型、
見た目はスカートのように見えるけど中はズボンになっているキュロット型がなどあります。

私が持っているのはColumbiaの「Skirt Pink Kiss」というラップ型の山スカート
ラップ型は雨が降ってきたときも、着替えがしやすいので重宝しています。
夏場は涼しいですし。
欠点はポケットがないことと、シワになりやすいことでしょうか。

あと、山スカートの中には生地が厚くて足があげにくいものもあるので、
なるべくなら薄手の生地のものを選んだ方がいいと思います。

「Skirt Pink Kiss」は買いにいった中では値段が安いほうだったのですが、何回か洗ったら
裾の糸がほつれてきてしまったので、性能面にあまり過度に期待はしない方がいいかも。
あくまでもおしゃれのアイテムでしょうか。

木曽駒ヶ岳にいったときはキュロット型の山スカートをはいた方を多く見ました。

山スカートの下は生足というわけにはいかないので、下にタイツをはくわけですが、これが結構高い。
アウトドア用のタイツで8000円くらいします(山スカート本体よりも高い!)

それだったらもう少しお金をだしてサポートタイツを買った方がいいかもしれませんね。

私は雨が降ってきたら上からレインウェアをはいてしまうので、タイツは普通ので間に合わせています。
(替えのタイツも持っていって)

濡らさなければ普通のタイツでも特に問題はないと思っています。



<<登山講習会 三昧 | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | 日焼け対策グッズ(帽子&サングラス)の選び方>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。