登山&立ち寄り温泉情報局 > 登山用品 > 日焼け対策グッズ(帽子&サングラス)の選び方

登山用品

日焼け対策グッズ(帽子&サングラス)の選び方@登山&立ち寄り温泉情報局

富士登山に向けて着々と準備中の宮瀬です。
高山で特に気になるのが、紫外線(日焼け)対策。
日焼け対策グッズのメインは帽子とサングラスになります。

帽子


低山ならそんなに気になりませんが、さすがに高い山だと太陽の光がジリジリと痛いので、
できるだけ日よけ用のたれ(シェード)がついているものがよいです。

シェードがメッシュになっていると涼しいですが、日焼け効果はやや薄れます。
日焼け対策という意味なら、つばは長い方が効果あります。
紫外線・日焼け対策の帽子

サングラス


ネットで調べたところ、サングラスの性能は主に3つで決まるようです。

・可視光線透過率
・紫外線透過率
・偏光度

可視光線透過率は光をカットする量で、低いほどレンズの色が濃くなります。

紫外線透過率は一番大事などのくらい紫外線を防いでくれるのか?ということです。
紫外線透過率ですから、低い方がより多くの紫外線を防いでくれます。

2000円前後のサングラスで1.0%、8000円〜の高いサングラスで0.1%以下がほとんどです。

偏光度は、数値が高いほど光の反射をカットして見えやすくします。
写真が趣味な人なら、「PLフィルター」と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

また、サングラスのグラス部分が大きい方が、とうぜん紫外線を防いでくれます。
また、形状も普通のだけではなく、

・眼鏡の上からかけれるタイプ
・眼鏡につけて普通の眼鏡をサングラス化するタイプ
・帽子につけるタイプ

などがあります。
眼鏡や帽子につけるタイプは、普通のグラス型と比べて割安ですが、
形状上、横からの光には弱そうです。


私が購入したのは「タカミヤ TGー4201」というサングラス
釣り用のサングラスなのですが、2000円ちょいという低価格のわりには
紫外線透過率0.1%以下&偏光サングラスというなかなかの性能です。

ショップのサンプル画像を見たときはちょっとレンズの色が濃いかな?と思いましたが、
実際に現物を見てみると思ったよりは濃くなくていい感じです。
タカミヤ偏光サングラス

タカミヤ偏光サングラス

2000円台でこれと同じような性能のサングラスが他になく、
あとは5000円、8000円クラスになってしまうので、これに決めました。
送料分を入れてもだいぶお得です。



<<登山の服装(ズボン、山スカート) | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | ザックのパッキングの仕方>>

この記事へのコメント

  • 生命保険の選び方
  • 2010年08月05日 17:18
  • いつも楽しく観ております。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  • 2010-11-17 18:56
  • トラックバック式通販情報

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。