登山&立ち寄り温泉情報局 > 富士登山 > 富士登山の服装

富士登山

富士登山の服装@登山&立ち寄り温泉情報局


吸湿速乾性に保温性をプラスした服装がおすすめです。

日中は五合目あたりでも空気はひんやりしていて、
半袖だとちょっと寒いかもしれません。

日焼け対策もかねて、長袖シャツなどを用意するといいでしょう。

歩いている最中はどうしても汗をかくので、上にウールなどの
保温性のあるものを着て汗冷えしないようにした方がいいです。

アウトドア用の吸湿速乾性の素材を使っているものでも、
大量に汗をかけば汗で身体が冷えてしまいます。

私の行ったときは天気がよく、2日間ともほぼ無風だったので
思ったよりも暑かった(山小屋の前にかけてあった温度計では29℃)ですが、
天候によって気温の幅が大きく、特に風の有無で大きく変わります。
気温1桁〜マイナスになることもあるそうです。

重ね着にすると荷物が多くなるため、私はメリノウールの薄手のセーター1枚を中心に、
寒い場合はアウトドア用のフリース、ダウンを着ていました。

メリノウールは1枚で
・断熱性
・吸湿速乾性
・保温性
・防臭効果

などがあって、荷物を軽くしたい人や重ね着が面倒なひとにおすすめです。
安めのものだと少しウールのチクチク感があるので、ウールが苦手な人は
8,000円くらいものの方が着やすいでしょう。

私が買ったのはEIHO ネットショップオリジナル商品のタートルネックセーター。
値段は2,940円とかなり安いですが、やっぱり少しチクチクします。
(でも1回着て洗ったらそんなにチクチク感がなくなったかも・・・・・・)

石井スポーツのセールで見つけた定価8,000円(50%引きで4,000円になっていた)のものは
同じメリノウール100%でも手触りサラサラで素肌に着ても問題ないくらい
スベスベだったので、織り方の問題なんでしょうか。

安いものを買うよりは、高いものをセールのときを狙って買ったほうがいいのかも。
着心地以外はまったく問題ないので、多少我慢して安いのを着るのも手です。


ただ、山頂では風が強く吹くことがあり、風があるときはセーター1枚では寒かったです。
(セーターの上にフリースを着てちょうどいいくらい)

夜間はセーター+フリース+ダウンでも長い間外にいると、やや寒く感じました。
写真を撮るためにグローブはしていなかったのですが、
最後の方は手がかじかんでしまったのでグローブもあるとよいです。

風がない場合でこれくらいなので、風があったらさらに寒いでしょう。

天候が悪いと手持ちのものを全部着ても寒かったと思うので、
フリースをもう1枚持っていけばよかったなと思っています。

防寒具はフリースとダウンがあります。
フリースはかさばるけど雨でも使える、ダウンは小さく折りたためるけど
雨だと保温性がなくなる、と一長一短です。

ダウンしか持って行かないと雨が降ったときに寒い思いをするので
防寒具にはフリースとダウン、両方持って行った方がいいと思います。






富士登山の計画
富士山の登山道
富士登山の持ち物
富士登山の服装
富士登山の高山病対策
富士山の山小屋
その他の富士山情報(富士山のトイレ、焼印、お鉢巡り)
富士山の山バッジ
富士山八合目の山小屋 白雲荘レビュー

<<富士登山の持ち物 | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | 富士登山の高山病対策>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。