登山&立ち寄り温泉情報局 > 富士登山 > 富士登山の高山病対策

富士登山

富士登山の高山病対策@登山&立ち寄り温泉情報局


高山病とは?


富士登山と切っても切れない関係にあるのが「高山病」です。

標高が高い富士山では、酸素が薄いため
体中に酸素が行き渡らなくなり、酸欠状態を起こします。

これが高山病です(低酸素症ともいいます)

症状としては、頭痛、吐き気、腹痛など。
頭痛はしないけど頭がボーっとして意識が薄くなってくる、という人もいます。

酸素の運搬能力には個人差があるので、なりやすい人となりにくい人がいます。

そのほか、当日の体調によっても変わります。
風邪気味などで身体が弱っている場合は症状が出やすいみたいです。

2000mくらいで症状が出る場合もありますが、
多くの場合は3000mくらいから症状が出るようです。
富士山では、八合目あたりから携帯酸素を吸う人が目立ちます。

呼吸が浅いと進行しやすいので、特に夜間は注意が必要になります。


高山病の対策


前日までにできる高山病の対策としては、睡眠と水分を十分にとります。
当日は激しい運動をすると高山病を引き起こしやすいので、ゆっくり歩きます。

ゆっくり歩く&水分補給は登山の基本でもあるので、しっかりと行うよう心がけましょう。

ただ、どんなに気をつけていても「なるときはなる」というのが
私の登ったときの感想です。

高山病の予防策を踏まえたうえで、なってしまった時の対策を
十分に考えておく必要があると思います。


吐き気がひどい場合、吐けるなら吐いてしまった方が楽になります。
あと、私の場合は便秘気味で水を飲んでトイレいったら相当楽になったので、
便秘気味の人は便秘薬もあるといいかも。

また、山小屋の食事はカレーやハンバーグなど重い食事が多いので、
できるなら自炊した方がいいと思います。
値段的にも1泊2食よりも素泊まり自炊の方が安上がりです。
(山小屋によっては素泊まりをやっていないところもあるので要確認)

持って行った方がいいと思うものは以下の3つです。
・エチケット袋
・自炊道具
・便秘薬

ただ、自炊道具は「背負っていけるだけの体力があれば」の話になってしまいますが・・・・・・。
(グループ登山だと荷物が分散できるので多少楽になります)

お湯(水筒1本分)とフリーズドライ・アルファ米ぐらいでも、
持って行くとだいぶ違うと思います。

携帯酸素(酸素ボンベや食べる酸素など)もありますが、
効果はあまりないように感じました。

吸う酸素も食べる酸素両方試してみましたが、
行動中だったらすこし休憩して深呼吸、山小屋に宿泊中だったら
しばらく外に出て外気を吸っていた方が数倍効果あります。

特に、食べる酸素は高山病で吐き気がひどい場合は
食べることができないので、気休め程度にしかならないと思います。

味はレモンラムネみたいな味で、症状が軽い場合は普通に食べられます。



富士登山の計画
富士山の登山道
富士登山の持ち物
富士登山の服装
富士登山の高山病対策
富士山の山小屋
その他の富士山情報(富士山のトイレ、焼印、お鉢巡り)
富士山の山バッジ
富士山八合目の山小屋 白雲荘レビュー

<<富士登山の服装 | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | 富士山の山小屋>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。