登山&立ち寄り温泉情報局 > 富士登山 > その他の富士山情報(富士山のトイレ、焼印、お鉢巡り)

富士登山

その他の富士山情報(富士山のトイレ、焼印、お鉢巡り)@登山&立ち寄り温泉情報局


富士山のトイレ


富士山ではトイレは有料です。
富士スバルライン五合目(吉田口のスタート地点)は50円、それ以降は200円。
100円玉をよく使うので、多めに持っていきましょう。

五合目のトイレはボタンを押すと泡が出てくるタイプ。
それ以外のトイレは、使用済みの紙はトイレ内の箱に入れて
ウォーターガンという小型の水鉄砲みたいなもので流すところが多いです。

洋式がほとんどだと思いますですが、蓬莱館、白雲荘など和式のところもあります。

トイレットペーパーはほとんど備え付け。
どこもたっぷり用意してあるので、紙がない!ということはなさそうです。

山小屋によっては生理用ナプキンが備え付けられているところもあります。

富士一館では綿のガーゼのナプキン、白雲荘では市販のナプキンがおいてありました。

トイレの使用料は宿泊客は無料のこともあるので、
山小屋の人に確認してみるといいかも。


金剛杖と焼印


各山小屋では金剛杖に焼印を押してもらえます。
料金はどこの山小屋でも200円。(山頂の浅間大社のみ300円)
焼印目当てな人は3,000円分くらい100円玉を用意しておくといいです。

金剛杖が大きすぎて邪魔な人は、七合目の富士一館で小さめのものがあります。


なお、吉田口には六合目に山小屋がないので、下山時に押してもらう必要があります。
七合目の花小屋で焼印をお願いしたら、ちゃんと六合目の分をあけて押してくれました。

ただ、他の山小屋ではどこに押すか聞かれたので、
花小屋の人が気を利かせてくれたのかと思います。

六合目分を開けて欲しいときは、頼む時にそう伝えた方がいいかもしれません。

焼印の形は各山小屋によって違います。
全山小屋分コンプリートしようと思うとお金がかかります。

七合目では日の出館の焼印が一番かわいかったです。
(御来光印の丸型の焼印)


お鉢巡り


富士山の山頂は火口があり、中央が大きく窪んでいて、窪みの周りを1周できます。
こうして火口を一周することをお鉢巡りといいます。

登る前はお鉢は平坦なイメージがあったのですが、
実際はアップダウンが激しく、思った以上に体力を消費します。

お鉢巡りをしたい場合は、登頂で体力を使い切らないように。

お鉢には道がせまくなっていて転落防止の柵もないような危ない
部分もあるので、風が強い場合は諦めた方が懸命です。


富士山頂郵便局のオリジナル消印目当てな人は登る時期に注意する必要があります。
富士山頂郵便局の開局時期は、毎年7月の第2土曜日〜8月の第4日曜日の6:00〜14:00です。
7月の最初と8月の最後の週はやっていないので要注意!
開局時期は、日本郵政のホームページから確認できます。


富士登山の計画
富士山の登山道
富士登山の持ち物
富士登山の服装
富士登山の高山病対策
富士山の山小屋
その他の富士山情報(富士山のトイレ、焼印、お鉢巡り)
富士山の山バッジ
富士山八合目の山小屋 白雲荘レビュー

<<富士山八合目の山小屋 白雲荘レビュー | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | 富士山の山バッジ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。