登山&立ち寄り温泉情報局 > 登山の服装 > お店で山スカートを見てきました

登山の服装

お店で山スカートを見てきました@登山&立ち寄り温泉情報局

ランドネのような雑誌ではカラフルな山スカートが紹介されていたりするのですが、
いざ実際の店舗に行ってみると地味な色のキュロットが少しおいてあるだけで、
雑誌で見るようなものはあまりないんですよね。

「どこで買うのな〜」と思っていたのですが、前にテレビで山ガール特集をやっていて
「石井スポーツ原宿山専」「好日山荘 銀座店」などが紹介されていました。

好日山荘なんて老舗の登山用品店なのに、銀座に店舗があるとか不思議な感じです。


先日、原宿に行く用事があったので、ついでに「石井スポーツ原宿山専」をのぞいてみました。

本店の方は狭いところにコンパクトにおさまっている感じですが、
原宿山専の方は広々とした大きめの店舗で、カラフルな山スカートも置いてありました。

お店にあった中で一番いいな、と思ったのがphenixの「タクト・ラップスカート

ポケットが3つもついているのがポイントの山スカートです。

キュロットタイプの山スカートにはほとんどポケットついているのに、
ラップ型やスカート型の山スカートには、ポケットつきが少ないのでいいですね。

生地も厚めでしっかりしているので安心感があります。

次点がワコール「CW-X DHY422」
これはphenixの「タクト・ラップスカート」の生地を薄くしたような感じ。
こちらも大き目のポケットがついているので便利そう。

寒くなってきたらモンベルの「サーマラップスカート」もよさそうです。

いいなーと思った上の2つはサイズがMとLしか残っていなくて
買わなかったのですが、ポケット付きのラップスカートが
発見できたのが大きな収穫でした。

しかし機能的にいいなと思ったものに限って地味な色なのはなぜでしょう。
The North FaceとかColumbiaだと、明るい色のもあるのですが
スリットが浅すぎて歩きにくかったり、生地が重くて足があげにくかったりするんですよね。

ポケット付きがよければ、キュロットタイプの山スカートもあるのですが、
キュロットタイプは股上が浅いものが多いので窮屈に感じます。

着替えもスカート型の方が便利なので、ついついスカート型を探してしまいます。

しかし山スカート、材質はどれもポリエステルかナイロン、
もしくは両方の混合とほとんどかわらないのに、生地が厚いもの・浅いもの手触り、
足の上げやすさなど、履き心地はメーカーによってかなり差があります。

サイズもあるメーカーはSサイズでもブカブカなのに、
他のメーカーはMサイズでもそこそこ履けたり。
(背が低いので、Sサイズがあればそれに越したことはないですが)

さらに、店舗にある山スカートはごく一部にすぎなく、
ネットで探すともっとありますし・・・・・・。

あらためて山スカートの奥深さを感じました。





<<山でバテないテクニックレビュー | 登山&立ち寄り温泉情報局トップへ | 2010年8月人気ページランキング>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。