登山記録

高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました2 @登山&立ち寄り温泉情報局

堂所山から景信山へ向かう時、1ヵ所だけ急な坂がありますが
後はほとんど平らな道。

景信山付近にはピークがちらほらあるのですが、
そこを通らずにいける巻き道もいっぱいあります。

母が膝が痛いといっていたので巻き道を通りましたが、
階段から分かれている道に入ると、景信山をうっかり通り過ぎてしまいました。
巻き道の使いすぎには注意です(階段は外れないほうがいい)

少し戻って景信山でお昼。
この辺は随所に茶屋や売店があるので、すごく便利です。
青木茶屋できのこ入りラーメン(¥500)、山菜てんぷら(¥300)などを注文。

山の上なのに良心価格なのも嬉しいですね。
ただ、山菜てんぷらが結構出てくるの遅くて予想以上に時間を食いました。

景信山から小仏峠を経て城山へ到着。
ここの城山下売店にもスタンプがあるのですが、行って帰ってくるのに時間がかかる!
スタンプハイクの台紙に載っている地図のコースタイムで見ると、1時間40分。

ほかのスタンプは通り道にあるのに、なぜここだけこんな離れたところに・・・・・・といった感じです。
何回も来てねってことなんでしょうが、無理やり入れた感の方が先立ってしまいます。

続く一丁平には、広い展望台があって、丹沢の山々が一望できます。
解説版によると、富士山も見えるらしいです。

予定を大幅に超過して高尾山の山頂についたのは16:45。
それでも、高尾山山頂にはたくさんの人がいました。

帰りはケーブルカーで下る予定でしたが、
ケーブルカーは人多すぎで整理券を配って並んでいるほど。

エコーリフトは通常16:30までの営業ですが、この時は延長していました。
(ただし、リフトも整理券配布の20分待ち)

ちなみに、リフト山上駅のスタンプは18:00頃に片付けられていました。


高尾駅の名店街で夕飯を済ませ、自宅最寄り駅についた頃には日付をまたいでいました。
ホリデーパスは「当日限り有効」と書いてあるのでどうなるんだろう・・・・・・?と恐る恐る駅員さんに聞いたところ、当日中に入れば降りるまで有効だとか。
なるほど。

とはいえ、さすがに日付をまたぐのは体力的にきついので
なるべく早く帰ってこれるように計画を立てたいところです。

↓今回見かけた花たち
ヒトリシズカ(陣馬山 登山道)
陣馬山〜高尾山の花01

桜(陣馬山)
陣馬山〜高尾山の花02

スイセン(明王峠)
陣馬山〜高尾山の花03

陣馬山〜高尾山の花04

ツツジ(もみじ台)
陣馬山〜高尾山の花05


高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました1
高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました2
陣馬山〜高尾山情報
高尾山の温泉情報

登山記録

高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました1@登山&立ち寄り温泉情報局

ただ山を登るだけではなく、他に何か楽しみがあると
やる気が増すよね、ということで高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました(2010/5/2)

高尾・陣馬スタンプハイクは5月頃という印象だったのですが、
4/1〜5/31までと意外と長くやっていました。

今回は陣馬山→景信山→高尾山というルートで行きます。
1つ1つはたいして体力も必要ないし、あっさり登れる山ですが縦走しようとなると、なかなか距離があります。


バスに乗っている時間が長いと嫌なので、JR藤野駅から和田までバスへ行き、
陣馬山から高尾山に登るコースで行きます。

でもスタンプ集めるには陣馬高原下バス停から登らないといけなかったらしい。
最初の段階ですでに失敗しています。

まあ、どっちみち高尾山の通行規制もあって1日で全部回るのは結構大変です。
単独行ならまだしも、グループでとなるときついです。

高尾山は有名だし、GW中で電車が混んでるかな、と思いきや
時間が早かったせいもあって、普段山に行く時とそんなに変わらない程度でした。


ただ、和田のバス停からついてからいろいろやっていて出遅れました。
出発が出遅れた原因はこれ↓
みんなのナビ
みんなのナビ
ゼンリン 2009-11-19
売り上げランキング : 154

おすすめ平均 star
star初心者向けGPSとしては必要十分
star使いやすい
star旅行時の歩行ナビとしては満足

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PSPソフト「みんなのナビ
PSPにUSB接続のGPSを取り付けて、ナビゲーションとして使えるソフトです。

ナビゲーションは一般道用で登山の役には立たないのですが、
自分の歩いた道を記録してログファイルを保存することもできます。

さらにはPetaMapというサイトからユーザーさんが登録したスポット情報(トイレの場所や咲いている花の情報など)をダウンロードして見ることも可能。


しかし初めて使うため、操作がよくわかっていない上に
雲1つない良い天気で画面が反射して見づらく、時間を食いました。
必死で地図を広げて日陰を作ってみましたが、それでも野外だとほとんど何も見えない状態。

PSPは初期型だったので、PSP3000で試せばよかったかも。


和田のバス停から10分程度歩くと、1つ目の登山口へ到着。
通りがかった他の登山客の方から「もう1つ先の登山口は雑木林が綺麗ですよ」と
いう話をうかがったので、予定を変更してそちらへ。
地図で見ると、コースタイムも同じでしたしね。

聞いたとおりの雑木林が綺麗な登山道を歩いて1時間ほどで陣馬山の山頂へ到着。
山頂からは大きく富士山が見えました。
陣馬山からの富士山

前回陣馬山へ来た時は時間が遅かったせいもあって、
富士山が見えなかったので、これは嬉しい。

陣馬山で小休止を挟んで、景信山方面へ向かいます。
桜はだいぶ散っていたものの、まだ残っているところもあって
のんびり花を見ながら歩きます。

陣馬山〜景信山までの道は山道とは思えないほど平らで、
トレイルランをされている方も多かったです。
陣馬山〜景信山登山道

道は平坦ですが、花が多く咲いていて楽しませてくれるので、飽きるという事はありません。


景信山へ向かう途中、堂所山(どうところやま)という山も経由。
他の山のネームバリューに押されていまいち目立たない山ですが、
山頂からの見晴らしはなかなかでした。
堂所山山頂


高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました1
高尾・陣馬スタンプハイクに行って来ました2
陣馬山〜高尾山情報
高尾山の温泉情報

登山記録

沼津アルプス情報@登山&立ち寄り温泉情報局

地図


・2万5000分の1地形図 韮山
沼津市観光WEB


・トイレは駅、香貫山展望台、香陵台にあります。
・駐車場は香陵台、天神洞公園近くにあります。


コースタイム



予定実際予定備考
8:458:45多比 
9:509:50多比口峠 
10:0510:00大平山 
10:2010:30多比口峠 
10:4511:15多比峠 
11:0011:30鷲頭山昼食の予定を早めて昼食
(12:00まで)
-12:20子鷲頭山 
11:3012:50志下峠 
-13:15志下山 
11:5013:07馬込峠 
12:1513:25志下坂峠 
13:0014:20徳倉山予定:昼食30分(中止)
14:1014:55横山峠 
14:5515:20横山 
15:2515:55八重坂峠 
15:5516:40香貫山 
17:0017:40黒瀬 


コースタイム登り下り
予定7時間10分1時間5分
実際7時間55分1時間


交通


東京駅から新幹線で三島まで行き、そこから東海道線で沼津へ。
電車(三島まで新幹線)約¥8000。
バス(沼津→多比) 後払い¥470。
バス(黒瀬→沼津) 後払い¥170。

服装


春のポカポカ陽気だったので、行動中は夏用半そでシャツ1枚で十分。
下山後はフリース着たけど寒かったです。

沼津アルプスに行ってきました1
沼津アルプスに行ってきました2
沼津アルプス情報
沼津アルプスの温泉情報



登山記録

沼津アルプスに行ってきました2@登山&立ち寄り温泉情報局

鷲頭山から徳倉山へ向かうと、最初のロープ場に到着。
沼津アルプスにはロープ場・鎖場があるから、伊予ヶ岳のようなのを想像して行ったのですが、実際は転落防止用に横にロープが張っている程度のものでした。

それでも傾斜がかなりあるので転ばないように慎重に歩いていきます。

北行ルートはロープ場・鎖場がほとんど下りで、1ヵ所の距離もそこそこあるので、体力的には南行ルートの方が楽かもしれません。


長いロープ場が終わると、沼津アルプスにはなぜか入っていない志下山に到着。
志下山のあたりはとにかく展望がよいです。

展望台も2、3ヵ所くらいあったと思います。
沼津アルプス03

登ったり下ったりを繰り返しながら、北上していきます。
徳倉山〜横山までは展望があまりなく、これだったら5山全部登らなくてもいいかも、と途中にあった沼津グルメ街へ下りる道に惹かれつつ進んでいきます。

しかし、その考えは香貫山へきて一変。
香貫山の周辺は桜台という名前がついており、名前のとおり見渡す限り桜が立ち並んでいます。

その景色は圧巻。
加えて今まで歩いてきた他の山を一望することもでき、最後に来てよかった! と思わせてくれます。

徳倉山の山頂ではほとんど見えなかった富士山も、桜台ではバッチリ見る事ができました。
沼津アルプス04

桜台から富士山を撮ると逆光で桜が真っ黒になってしまうので、写真を撮る場合は桜台から黒瀬側へ降り、香陵台の駐車場付近で取るとよいでしょう。

有名スポットなのか、三脚を立ててカメラを準備している方々が多くいらっしゃいました。
ちょうど、手前に桜、中間に五重塔、そして遠景に富士山という絵になる構図になるんですよねー。
沼津アルプス05
・・・・・・私のは急いで取ったので富士山切れましたが。


さすがに長いルートだけあって、黒瀬についたのは17:40。

歩きに自信がない人は冬場に行くのはやめたほうがいいでしょう。
夏も虫が大変そうなので、やはり春ごろに行くのがよいかと。

まあ、ところどころに街へ降りるコースもあるので一度に5山全部に登らなくてもいいのですが。


すごく特徴のある山なので、ある程度低山に慣れてきてマンネリ気味の時に行くと楽しめると思います。


沼津アルプスに行ってきました1
沼津アルプスに行ってきました2
沼津アルプス情報
沼津アルプスの温泉情報


登山記録

沼津アルプスに行ってきました1@登山&立ち寄り温泉情報局

予告どおり沼津アルプスに行ってきました。(2010/4/3)

この時期、雪山へ行く気はさらさらなく、でも低い山だと物足りない・・・・・・
ということで今回は「雪がない低山でも歩きごたえのある山」がテーマです。

沼津アルプスは静岡県沼津市にある5つの山をまとめて沼津アルプスと呼びます。
北側から香貫山(かぬきやま)-横山-徳倉山-鷲頭山(わしずさん)-大平山(おおべらやま)となっています。

1つ1つは200〜300m前後と非常に低い山ながら、急勾配で歩きごたえのある山として評判です。
岩崎元郎さんの新日本百名山にも選ばれています。


普通列車で行くと日帰りで行くには厳しいので、今回は新幹線に乗って行きました。
東京駅から新幹線で三島へ、そこから東海道線で沼津へ。

支出がちょっと厳しいですが、さすがに新幹線は早いですね。
あっという間についてしまいます。


沼津アルプスは香貫山から大平山へ向かう南行ルートと、
大平山から香貫山へ向かう北行ルートがあるのですが、今回は北行ルートで行きました。

このルートだと桜の名所といわれる香貫山を最後にできる事が一番のポイントでした。
やっぱり最後は盛り上がって終わりたいですからね〜。


北行ルートでは沼津駅から伊豆箱根バスで「多比」というバス停まで行きます。
(沼津駅南口バス停 7番線 伊豆長丘方面行き、\470)

普通に市内を走っているバスなので、わりかし本数があるのが嬉しいところ。

バスの中からは右手に海、左手に沼津アルプスの山々が見えます。
見るからにきつそうな傾斜で登りがいありそう。


多比のバス停を降りたところにはセブンイレブンもあって、
駐車場の横の道に案内板があり、そこから舗装路を上がっていきます。

この舗装路がこれまた急で途中で力尽きないためにも、ゆっくりゆっくり登っていきます。
前日は強風が吹いており、結構花びらが散ってしまっているのが見えました。


目印のドラム缶を過ぎると、山道がはじまります。
山を歩く時はほとんど足元ばかり見ているのですが、このくらいの季節になると
スミレや普段は見かけないようなキノコがはえており、目を楽しませてくれます。

大平山までは普通の土の道ですが、大平山から鷲頭山へ行く途中は
岩の上を歩いたりと変化に富んでいて歩いていて楽しいです。

木々の背が低くてアーチ状になっており、道が明るいのもまた気分がよくなります。


計画を立てた時点では徳倉山でお昼の予定だったのですが、実際に歩いてみると
やや時間がかかったので、予定を変更して鷲頭山で昼食にしました。

これが大正解。

鷲頭山の山頂は展望が開けていて、駿河湾が間近に見える上に
山頂の桜が綺麗に咲いていて非常に気持ちのいいところでした。
沼津アルプス01

沼津アルプス02

徳倉山の山頂は花がなかったので、鷲頭山山頂と比べるとやや地味かも。
でも、天気がよければ富士山が見えます。
(私が行った時はかすかに見えるかな? ぐらいでした)


沼津アルプスに行ってきました1
沼津アルプスに行ってきました2
沼津アルプス情報
沼津アルプスの温泉情報



登山記録

三室山〜日の出山〜御岳山情報@登山&立ち寄り温泉情報局

地図


・2万5000分の1地形図 武蔵御岳
山と高原地図 23 奥多摩

・トイレは日向和田駅、日の出山登山道入口(仮設トイレ)、日の出山山頂、御嶽神社にあります。

コースタイム


予定実際予定
8:358:35日向和田駅
-9:25日の出山登山道
-10:15琴平神社
11:3510:40三室山
-11:15梅野木峠
14:2512:50日の出山
15:2514:15御嶽神社
15:4015:00ケーブルカー御岳山駅
15:5016:30ケーブルカー滝下
(西東京バス:御嶽駅行き)
16:0016:50御嶽駅


コースタイム登り下り
予定6時間45分30分
実際5時間40分1時間50分

※ケーブル利用して降りる予定を、歩きに変更したため
 下りの時間が大幅に増えています。

その他情報


日の出山&御岳山の山バッジ


三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました1
三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました2
三室山〜日の出山〜御岳山情報
日の出山&御岳山の温泉情報


登山記録

三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました2@登山&立ち寄り温泉情報局

日の出山から1時間30分ほど歩くと御岳山に着きます。

御岳山は「山」というよりは「町」といった様子で、コンクリートの坂が続きます。

そして行く先にはお土産屋さんと食事処が並んでいます。

石臼でひいたお蕎麦を出してくれるお蕎麦屋さんもあって、
正直、昼食はこっちでとればよかった! と少し後悔。

御岳山は日の出山以外の山にも中継点になっているので
今度、また別の山に行く時に食べたいと思います。

お土産やさんで山バッチも購入しました。


御岳山の山頂は御嶽神社になっています。
時間があまっていたので、宝物殿の展示を見物しました(見学料:大人300円)

国宝の鎧(赤糸緘大鎧)や螺鈿の鞍(金覆輪円文螺鈿鏡鞍)が展示されています。
螺鈿の鞍は今はメトロポリタン美術館にあるのですが、
一時的にこちらで展示をしているみたいです。

私たちのほかには誰も入ってなかったけど。


下りは計画では御岳山のケーブルカーを使う予定でしたが、
歩いてもそんなにかからないようだったので歩きに変更。

ケーブルカー沿いの道を歩いて下ります。
道はアスファルトですが、巨木が多く、ところどころに解説板が
あったりして、なかなか楽しみながら歩けました。

しかし、ここのアスファルトがとにかく滑る滑る。
下山するまでに10回は転びそうになりました。

ケーブルカーの滝下駅についたところで、御嶽駅のバスに乗ります。

バスの本数は少ないのですが、たまたま臨時便が来ていたので、
あまり待たずに乗れました。


全体的に山の景色は単調だったので、御岳山のケーブルカーを使って
時間を短縮し、その分吉野梅郷の見学時間をとればよかったかなあ、と思いました。


次はもう少し歩きがいのある山に・・・・・・ということで、
沼津アルプスを予定しています。

おそらく、4月の上旬になると思います。


三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました1
三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました2
三室山〜日の出山〜御岳山情報
日の出山&御岳山の温泉情報

登山記録

三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました1@登山&立ち寄り温泉情報局

暖かくなってきて花も楽しめる季節になってきました。

そこで、梅を見に奥多摩にある日の出山に行ってきました。(2010/3/20)
近くに、吉野梅郷という梅の名所があるのです。

山登りがメインなので中にある梅の公園には立ち寄れませんが、
外から少し眺めつつ山歩きをしようという計画。

日の出山の近くには三室山、御岳山もあり、まとめて
「御岳山・吉野梅郷ハイキングコース」というコースになっています。

1度に3つも山に登れてお得な感じですね。


青梅線の日向和田駅で降りて、まずは吉野梅郷を目指します。
外から見ただけでも予想以上で、見事な景色でした。
吉野梅郷の梅

吉野梅郷を通り過ぎ、奥へ歩いていくと日の出山登山道入口につきます。
広くなっているところがあったので準備体操&水分補給。

三室山への道は狭い山道。
杉が多いわりには道が明るいのが嬉しいですね。

道はなだらかで歩きやすい反面、ちょっと物足りない感じもします。
途中で1回休憩を挟み、三室山の山頂へ到着。

山と高原地図のコースタイムを1.5倍して計画を立てたのですが、
予定より約1時間早く到着。

同じ山と高原地図のコースタイムを使って計画を立てても、
ピッタリな時もあれば時間があまる場合もあって、つくづく
登山計画を立てるのって難しい思います。

行動食(おやつ)を食べて小休止して再び歩きます。


山頂付近の道が、倒木が多くて荒れていて通るのが大変でした。
日の出山の山頂で「新道は倒木が多くて通れません」的な看板を発見。

三室山側には何も看板が出てないので、うっかりそちら行ってしまうと大変ですね。

階段と階段ではないなだらかな道があって、なだらかな方に行ったら大変なことになったので、おとなしく階段を上りましょう。


日の出山の山頂は広く、人もいっぱい。

インスタントラーメンを作っている人もいて、いい匂いがただよってきます。
たしかに、自炊するのにうってつけなところです。

時間に余裕があったので、一眼レフのレンズを交換したりして
いろいろ試し撮りしていました。

日の出山・山頂


三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました1
三室山〜日の出山〜御岳山に行ってきました2
三室山〜日の出山〜御岳山情報
日の出山&御岳山の温泉情報


登山記録

烏場山情報@登山&立ち寄り温泉情報局

地図


・2万5000分の1地形図 安房和田、鴨川(ちょうど境目あたり)


周辺情報


・トイレ:花嫁街道入口、見晴台(カヤ場)、はなその広場
・携帯(Softbank):経文石〜見晴台あたりまで圏外、それ以外アンテナ2〜3本

コースタイム


登り:花嫁街道
10:10 花嫁街道入口
10:55 第一展望台
11:10 第二展望台
11:25 マテバシイ林
11:40 経文石
12:15 駒返し
12:30〜13:05 見晴台(カヤ場)

下り:花婿コース
13:10 第三展望台
13:20 烏場山山頂
14:10 見晴台
14:30 金比羅山
14:35 黒滝(花婿コース入口)
14:45 はなその広場
15:20 和田浦駅

交通


Suica可。
電車が1時間に1本しかないので、電車を乗り過ごさないように注意。

服装


房総といえど日陰が多く、肌寒かったです。
1日中シャツ+フリースの2枚でした。


烏場山に行ってきました1
烏場山に行ってきました2
烏場山情報
烏場山の温泉情報

登山記録

烏場山に行ってきました2@登山&立ち寄り温泉情報局

時間もあまりないので、昼食を食べたらさっさと出発。
花婿コースというコースで下ります。

母が持っていた古いガイドブックには「花園山コース」となっていました。
花嫁街道にあわせてコース名を変更したのですかね。

花婿コースは花嫁街道よりもアップダウンがあってテンションも上がります。
こちらを登りにした方が退屈はしないかもしれません。

急がないと電車の時間に間に合わないという事もあり、
早足で下ったのであっという間に黒滝に到着。

黒滝は水量はそんなにないのですが、周囲がなかなか趣があって気に入りました。
烏場山の黒滝付近

後で和田浦駅の観光案内所で黒滝の写真を見たら、
そこそこ水量もあったみたいなので時期にもよるのでしょうか。

花嫁街道の入口から和田浦駅までは歩いて1時間くらいかかるのですが、
道中では菜の花やスイセン、ヒカンザクラなど多くの花を見る事ができました。

こういう景色を楽しみながら歩けるので、長いとは感じません。

下山後は温泉!という事で和田浦から電車で安房鴨川まで行きます。
温泉は鴨川グランドホテル。

ちょうど特急の到着時刻とかぶったらしく、安房鴨川の駅前には
鴨川グランドホテルの送迎車が来ていました。

聞いてみると乗っていってもOKとの事。

ホテルに着くと丁重にお出迎えされます。

普通、温泉というと大浴場と露天風呂が隣接して行き来できるように
なっていますが、鴨川グランドホテルでは大浴場と露天風呂が離れています。

一度大浴場に入ったら、一度服を着て露天風呂まで歩いていかないといけません。

外が寒かったという事もあって、露天風呂はやめにして大浴場の方に行きました。
単純硫黄泉との事ですが、塩素臭しかしない感じ。
安全第一なんだろうけど、もう少し温泉っぽい温泉に入りたいところです。

駅の周辺案内図では「鴨川館」という温泉があるみたいですが、
温泉だけでは利用できない模様。(レストランや売店で使える2000円分の金券がついて3800円)


安房鴨川駅から鴨川グランドホテルへ行く途中、「地魚回転寿司」という看板を
見つけたので夕食によってみました。

ちょうど安房鴨川駅と鴨川グランドホテルの中間地点にある「丸藤」という
回転寿司屋さんです。

300円くらいの皿が中心なので、ちょっと高い気もしましたが
その分、地魚の5貫セットやまぐろ4種(大トロ、中トロ、赤身、びんとろ)セットが
680円とセットになっているものはお安いです。
姉はえびのセットを頼んでいました。

地魚の5貫セットはほうぼう、黒むつ、いさき、まとうだい、あじでした。
食べた事はおろか、聞いたことさえない魚が多かったので恐る恐るでしたが、
おいしかったです。
味はどれも淡白であっさりとしています。

この他にも、えんざら、ミンククジラなど、他では見られない寿司もありました。
えんざらは後で調べてみたら、結構貴重なお魚なんですね。
カマスの仲間らしい。

ミンククジラはわさびではなく、ショウガがのっています。
これ系の肉は匂いがきついんじゃないかな?と思いましたが、
臭みはまったくなかったです。

また、アナゴを頼んだら1貫はタレでもう1貫は塩できました。
アナゴを塩で、というのは斬新でした。
さっぱりしていておいしいです。

最近は山に行ってもあまり地元のおいしいものを食べていなかったから
久々に山も食事も堪能できてよかったです。

「百名山」というにはちょっと小粒すぎる気もしますが、
山も食事も楽しめる良いところだと思います。


烏場山に行ってきました1
烏場山に行ってきました2
烏場山情報
烏場山の温泉情報

<< 1 2 3 4 5.. >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。