山岳保険

山岳保険比較 レスキュー費用保険@登山&立ち寄り温泉情報局

日本で唯一の救助特化型山岳保険です。
(日本山岳救助機構は正確には保険ではないため)

日本費用補償少額短期保険
ホームページ:http://www.nihiho.co.jp/index.html

疾病:○
遭難捜索:300万円
保険料:5,000円


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険比較 日本山岳救助機構@登山&立ち寄り温泉情報局

入会金2000円と、総払い額を会員数で割った「事後分担金」(年1,000円程度)が別途必要です。
それでも、もう1つのレスキュー保険より安いのが魅力ですね。

ホームページには救助要請の流れや救急法の基礎知識なんかも載っています。

日本山岳救助機構
ホームページ:http://www.sangakujro.com/

疾病:△(※)
遭難捜索:250万円
保険料:2000円(会費)

※既往症・持病での救助は減額される可能性もあり。


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険比較@登山&立ち寄り温泉情報局

ハイキング保険と比べて、各社で保険料や保証内容にかなり差がでました。
それでも保険料が高めなので、一般の生命保険+救助特化型保険という選択肢もありですね。

-山岳共済会モンベル木村総合保険グラフィス
疾病××
死亡・後遺症100万111.9万134.5万150万
遭難捜索費用100万100万(+30万)100万(+30万)-
救援者費用-500万500万150万
入院(1日)1000--2000円
通院(1日)600---
賠償1億1億※1億※1億
携行品----
保険料5850円+年会費1000円8010円5,250円12,410円

※印はオプション。
山岳保険で携行品保障をつけたい場合、モンベルの上位コースのみ?

山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険

ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険のチェックポイント@登山&立ち寄り温泉情報局

登山中の事故は様々なケースがあります。
1つの保険ですべてのケースをカバーできるかというと、そうではあません。

私が山岳保険を選んだ時に、特に気にした点を以下にあげます。

1.疾病は保険対象か?
疾病とは、疲労や熱射病、高山病、心臓病などの事を指します。
疾病が保障外の山岳保険ですと、疲労凍死や高山病で救助されたというようなケースですと
保険金が支払われません。

無茶な登り方をすれば低山でも疲労凍死などの可能性があります。

また、高齢の方は心臓病のリスクも高まりますので、疾病までカバーしている保険の方がいいかもしれません。

ただ、ハイキング保険では疾病をカバーしているものがなく、
山岳保険になってしまうので保険料が高めになります。


2.賠償保障はついているか?
うっかり石を落としてしまって他人にケガをさせてしまった、などといった場合
賠償請求をされる可能性があります。

たいていついていますが、オプション制になっている山岳保険もあるので注意が必要です。


3.天災(落雷、雪崩、強風、地震、噴火など)は保障対象か?
天災は防ぎようがないので保証対象だとありがたいのです。
天災まで保障してくれる保険となると、保険料はかなり割高になります。
どこまでつけるか、悩みどころです。


賠償保障は一般の生命保険についている場合もありますので、
生命保険と一緒に考えるといいでしょう。
無料で保険相談をやってくれるところもあります。
保険キューイング


結構コアな条件でも相談に乗ってくれるみたいなので、
こういうところを利用するのもいいかもしれません。


山岳保険の種類
山岳保険の相場
山岳保険のチェックポイント


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

ハイキング保険比較@登山&立ち寄り温泉情報局

年間ではなく、1回だけの保険もありますが、ここでは 1年保証のものだけ集めてみました。
たいてい、複数のコースがありますが、一番安いコースで比較しています。

-山岳共済会モンベル木村総合保険グラフィス
軽アイゼン×
疾病××××
死亡・後遺症176万円236.7万106万円250万円
遭難捜索----
救助費用300万円500万円500万円500万円
入院(1日)2000円-1200円2000円
通院(1日)--790円1000円
賠償1億円1億円※1億円※1億円
携行品---※10万円
保険料2000円+1000円(年会費)2740円3,000円4,720円

※印はオプション。

山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険

ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険比較 グラフィス@登山&立ち寄り温泉情報局

落雷や突風、雪崩などの天災もサポートしている山岳保険。
支払われる保険金が他の山岳保険よりも多めです。
ただし、その分保険料もお高めです。

代理店:株式会社グラフィス
保険会社:三井住友海上
ホームページ:http://www.glafis.com/819/index.html

グラフィス ハイキング保険(タイプF)
軽アイゼン:○
疾病:×
死亡・後遺症:250万円
遭難捜索:
救助費用:500万円
入院(1日):2000円
通院(1日):1000円
賠償:1億円(※オプション)
携行品:10万円(※オプション)
保険料:4,720円


グラフィス 山岳保険(タイプ山岳-F)
疾病:×
死亡・後遺症:150万円
遭難捜索:-
救助費用:150万円
入院(1日):2000円
通院(1日):-
賠償:1億円(※オプション)
携行品:-
保険料:12,410円


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険比較 木村総合保険事務所@登山&立ち寄り温泉情報局

お手ごろ価格が魅力な山岳保険。
夫婦プラン、家族プランがあるので、家族で登山をしている人にいいかも。

代理店:木村総合保険事務所 
保険会社:富士火災海上保険
ホームページ:http://kshj.co.jp/

○ハイキング保険
山を愛する方の保険(Aプラン)
軽アイゼン:○
疾病:×
死亡・後遺症:106万円
遭難捜索:-
救助費用:500万円
入院(1日):1,200円
通院(1日):790円
賠償:1億円(※オプション)
携行品:-
保険料:3,000円

○山岳保険
山岳遭難捜索費用保険(Aプラン)
山を愛する方の保険と比べて、高山病などの疾病、雪崩も保証対象となっています。
疾病:○
死亡・後遺症:134.5万円
遭難捜索:100万円(+30万)
救助費用:500万円
入院(1日):-
通院(1日):-
賠償:1億円(※オプション)
携行品:-
保険料:5,250円


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険比較 モンベル@登山&立ち寄り温泉情報局

アウトドア用品で有名なモンベルで取り扱っている山岳保険。
海外でも保険対象になるのと、天災時も保障してくれる特約がついているなど、
他の山岳保険とはちょっと違ったサービスを提供しています。(天災特約は安心プランのみ)

代理店:株式会社ベルカディア(保険窓口:モンベル・アウトドア・チャレンジ)
保険会社:富士火災海上保険
ホームページ:http://www.montbell.jp/

○ハイキング保険
モンベル 野外活動保険(C013)
軽アイゼン:×
疾病:×
死亡・後遺症:236.7万
遭難捜索:-
救助費用:500万円
入院(1日):-
通院(1日):-
賠償:1億円
携行品:-
保険料:2740円

○山岳保険
モンベル 山岳保険(F013)
疾病:×
死亡・後遺症:111.9万
遭難捜索:100万(+30万)
救助費用:500万
入院(1日):-
通院(1日):-
賠償:1億
携行品:-
保険料:8010円


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険比較 山岳共済会@登山&立ち寄り温泉情報局

会員向けの登山講習会や山小屋割引サービスなど、付加サービスも魅力的な山岳共済会の保険です。

疾病が原因の時は適用されませんが、疾病で死亡した場合は別途見舞金が支払われます。

山岳登はんコースなら、疾病も保証されます。

契約者:日本山岳協会山岳共済会
保険会社:三井住友海上火災保険
ホームページ:http://www.jma-sangaku.org/kyosai/index.html


○ハイキング保険
軽登山コース(I)
軽アイゼン:○
疾病:×
死亡・後遺症:176万円
遭難捜索:-
救助費用:300万円
入院(1日):2000円
通院(1日):-
賠償:1億円
携行品:-
保険料:2000円+年会費1000円

○山岳保険
山岳登はんコース(1S)
疾病:○
死亡・後遺症:100万円
遭難捜索:100万円
救助費用:-
入院(1日):1000円
通院(1日):600円
賠償:1億円
携行品:-
保険料:5850円+年会費1000円


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

山岳保険

山岳保険の相場@登山&立ち寄り温泉情報局

ハイキング保険の相場は3,000円〜5,000円/年ぐらいが相場のです(安いコースで)
山岳保険の場合はより危険があるため、それよりも高くなります。(7000円ぐらい)

多くの山岳保険では、仕事中をのぞき、私生活だけを補償する
「就業中不担保」と「24時間補償」に分かれています。

自営業・学生・主婦など、就業中かそうでないかがハッキリとわからない職種の人は就業中不担保の保険に入れないため、やや割高になる傾向があります。

また、24時間補償タイプは危険な職業(建設作業者、農林業作業者など)の場合は
別途見積もりが必要なところが多いです。


山岳保険の種類
山岳保険の相場
山岳保険のチェックポイント


山岳共済会
モンベル
木村総合保険事務所
グラフィス
日本山岳救助機構
レスキュー費用保険


ハイキング保険比較
山岳保険比較

1 2 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。