山ごはん

サタケのマジックパスタを水で作ってみた@登山&立ち寄り温泉情報局


サタケのマジックライスシリーズは水での調理時間が書いてあるのに、
なぜかマジックパスタには書いていません。

マジックライスが水で作れるならマジックパスタも水でいけるはず!
ということでチャレンジしてみました。

マジックライスがお湯で15分、水が60分。
マジックパスタはお湯で3分とあります。

ならば、単純計算で12分でできるはず。

ちょっと他のことをしていたらうっかり
20分くらい過ぎてしまいましたが、無事にできあがりました。
サタケ マジックパスタ

ところどころ硬い部分があるものの、普通に食べられるレベルです。
ソースがややもったりしていたので、もう少し水は多めがいいかも。
意外と水を吸います。

マジックパスタの方がお湯での調理時間も短いので、
水で作る場合もマジックライスよりすぐにできそう。
山でお湯沸かすの面倒なときに便利かもしれません。

山ごはん

大涌谷の茶屋@登山&立ち寄り温泉情報局

「遊乃花」さんの名物は地獄つけ麺($yen;1,050)と「黒カレー」($yen;1,200)
3人いると両方食べられるのでこういう時便利です。

地獄つけ麺は、黒たまごの形をした石の入っている器につけ汁を注ぐと、
ジュワーっという大きな音を立てて煙があがったあと、汁がボコボコと噴き出します。
その光景はまさに地獄谷。
おもわず「おおー!」と声を上げてしまいました。
地獄つけ麺1

地獄つけ麺2

つけ汁はあっさりしていて、おいしいです。
さめないように石が入っているのですが、それでも冷めるのが早かったので
早く食べるのがよいかも。

黒カレーは、写真どおり真っ黒のカレー。
ご飯の上にアーモンドスライスがのっているところがオシャレですね。
味は意外と?普通でした。けっこう辛かったです。
黒カレー

山ごはん

アルファ米食べ比べ!サタケ マジックライス「ドライカレー」と尾西「炊き込みおこわ」@登山&立ち寄り温泉情報局

女子登山講習会に行ったときに、石井スポーツさんがセールをやっていたので、
以前から気になっていたアルファ米を買ってみました。

買ったのはサタケのマジックライスシリーズ「マジックライス サタケ ドライカレー」と
尾西の「尾西炊き込みおこわ

アルファ米というと、昔は「まずい!」という意見が多かったそうですが、
最近のアルファ米は味もずいぶん改良されたとのことなので、試してみます。

どちらのアルファ米も、作り方はほぼ同じ。
パッケージを開けて、スプーンと脱酸素剤を取り出します。
サタケのドライカレーは調味粉をあけてよくかき混ぜます。

水でもお湯でもどちらでもいいと書いてあったから水を入れたのですが、
よくみたら「お湯の場合は15分、水の場合は60分で完成」と書いてありました。

そりゃそうですよね、お湯と水で時間が違うの当たり前ですよね。
しかし、これほどまでに違うとは。

でも、実際に山の中でやらなくてよかった〜。
予行練習は大切なのです。(と、ポジティブに考えてみる)

ちなみに水を入れたのはサタケのドライカレーだったので、
尾西の炊き込みおこわはちゃんとお湯で作りました。

パッケージはプラスチック製なのですが、かなり熱くなるので
ヤケドに注意しないといけないですね。

また、水(お湯)は目安の点線まで入れますが、点線がご飯に隠れて見えにくいので、
計量メモリつきのコッヘルを持っている場合は計ってしまった方がたぶん早いです。
(110cc〜150cc程度)
サタケ マジックライス ドライカレー2

アルファ米のいいな〜と思った点は、
口がチャックになっていて容器がいらないところ。
スプーンもついているので、あとは水orお湯があれば簡単に作れてしまうのです。

このチャックもしっかりしていて、ちゃんと閉めれば逆さにしても水は漏れてきません。

使ったのがコントレックスという超硬水なので、ちゃんと作れるかな?と不安でしたが
ちゃんと問題なくできました。

味も普通にドライカレー、炊き込みおこわでおいしい。

ただ、尾西の炊き込みおこわは芯が残ってしまった部分が多かったです。
お湯の温度が足りなかったか、お湯の量が足りなかったか・・・・・・。
ちょっと多めに入れるのがコツかもしれません。

私が作ったときは上の方が味薄めで下の方が濃くなってしまったので、
できあがったあとによーく混ぜるといいと思います。

アルファ米は登山用品店でも買えますが、価格はネットの方が安いですね。
いろんな種類のアルファ米がセットになったものもあります。

賞味期限は5年ですので、非常用保存食として備えておくのもいいかもしれませんね。




山ごはん

明治亭(木曽駒ヶ岳)@登山&立ち寄り温泉情報局

木曽駒ヶ岳に行ったときにお昼をいただきました。

14:00頃というお昼には遅い時間のせいか、
空いていて待たずに入れました。

信州産ソースカツ丼(¥1,445)を注文。
「信州産」とついていないソースカツ丼もあったのですが、
せっかくだから地元のを注文してみました。

ソースカツ丼はヒレとロースがあり、私はヒレを注文。
ソースカツ丼

ヒレ4枚&キャベツたっぷりというボリュームに食べきれるか心配でしたが、
薄いサクサクの衣に包まれたお肉は柔らかく、あっさりしているので
あっという間に食べてしまいました。

エビフライ&ヒレがのったエビヒレ丼(¥1,690)や地ビール(¥630)もあります。


中央アルプスの自然を活かしたお店作りをしており、
冷房は、アルプスの雪解け水を屋根から流した自然の冷房で、
冷えすぎなくてちょうどいいです。

私は中で食べたのですが、テラス席もあり、
近くの木にはえさ台が設置されていてリスや小鳥が
エサを食べにくることもあるそうです。
川も流れていて気持ちよさそう。
明治亭のテラス席

今ちょうど、ローソンが明治亭とタイアップして、関東・甲信越エリアで
期間限定でソースカツ丼弁当を売っているそうです。(2010/7/13〜8/9まで)
http://www.lawson.co.jp/company/news/detail/detail_1887.html


山ごはん

陣馬山〜高尾山の茶屋@登山&立ち寄り温泉情報局

陣馬山、明王峠、景信山、城山、もみじ台、高尾山・・・・・・と要所要所に
茶屋や売店があるので自分の歩くスピードに合わせてご自由に。

私が昼食をとったのは景信山の青木茶屋。

きのこ入りラーメン(¥500)
きのこと柚子がたっぷり入っておいしかったです。
景信山 青木茶屋 きのこ入りラーメン

おでん(¥400)、なめこ汁(¥250)、山菜てんぷら(¥300)
山菜てんぷらは1つ1つ揚げたてを出してくれるのは嬉しい。
けど、結構時間がかかります(30分くらい?)

山菜てんぷらはコーンフリー、ふきの葉、山うど、いたどり、ふきのとう、しいたけの6種類。

景信山 青木茶屋 山菜てんぷら


山ごはん

アマノフーズ しらす雑炊@登山&立ち寄り温泉情報局

フリーズドライ食品って作るのが手軽だから
ついつい、食事を作るのが面倒な時にも食べてしまいます。

登山用なのに家で食べてることの方が多いです。



雑炊系はお湯をこれでもか!というぐらい吸ってフニャフニャになります。

グダグダに煮たおかゆとかが好きならいいけど、
そういうのが嫌いだとちょっと×かも。

詰め合わせ(特選吟味セレクトギフトなど)を買っていろいろ食べたけど、
にゅうめんが一番おいしいですね。

でもネットだと、なぜかにゅうめんだけ売ってない。
ぜんざいとか雑炊とかはいっぱいあるのですが。

山ごはん

アマノフーズ にゅうめん@登山&立ち寄り温泉情報局

伊予ヶ岳でのお昼ごはん。
アマノフーズのにゅうめんです。

アマノフーズ にゅうめん

カップとSPOKE(スプーン、フォーク、ナイフがセットになったもの)は東急ハンズのもの。

山ごはん

アマノフーズ ぜんざい@登山&立ち寄り温泉情報局

筑波山に行った時にアマノフーズのぜんざいをいただきました。

アマノフーズ ぜんざい

作り方はお湯100mlを入れてかき混ぜるだけ。
お手軽だし、フリーズドライでとっても軽いです。

さっぱりとした甘さで、おこげも入っていて美味しいです!


お湯は出かける前にお湯を沸かし、魔法瓶に入れて持っていきました。

具だくさんのおかず汁やにゅうめんなど、他にもいろいろあって種類が豊富です。

山ごはん

筑波山の茶屋@登山&立ち寄り温泉情報局

御幸ヶ原にはたくさんの茶屋があるので、食べるのには困りません。
女体山側には茶屋はありません。

・三浦亭
御幸ヶ原コースから一番近い茶屋
山バッジやつくば湯の割引券があります。

・コマ展望台
2階席で景色を見ながらご飯を食べられます。
座席が17分で1週するので、360度景色が楽しめるのがウリ。
ただし、私が行った時には回ってなかったので、ある程度お客さんが入らないと回らないかも。
携帯の充電器、カメラのフィルムなども売っているようです。

・せきれい茶屋
男体山から女体山へ行く途中の道にあります。
女体山側から一番近い茶屋
100名山の名前が入った100名山バンダナあり。

この他にもたくさん茶屋があります。

筑波山ならではの食べ物としては、
つくばうどん、筑波地鶏親子丼、ローズポークまんなどがあります。


筑波山のコマ展望台でのお昼ごはんです。

みそでんがく:500円
みそでんがく

きのこそば:800円
きのこそば

筑波地鶏親子丼:930円
筑波地鶏親子丼


夏場は冷やし中華などもやっている様です。

禁煙・喫煙席は分かれていますが、仕切りも何もないので
人が多いと煙草の煙がくるかも。

3階には展望台もあります。

山ごはん

登山向けのご飯@登山&立ち寄り温泉情報局

みなさんは似た商品があった時、いつも決まった商品を買いますか?
それとも、違うものを買いますか?

私は食べ物に関しては新しいもの好きで、
1度食べたものは、よほどの事がないとまた買いません。

そんな私が最近ちょくちょく買っているものがあります。
それが、「冷え知らずさんの生姜参鶏湯(さむげたん)」(永谷園)

冷え知らずさんの生姜参鶏湯


これを食べると本当に身体がぽっかぽかになります!

これからの季節、山に持っていくのも良いのではないでしょうか。
コンビニで売ってます。

1 2 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。